「私は誰か」の答えは瞑想の中にある-

 空風瞑想の目的は本当の自分(真我)を見つけることです。このサイトでは、本当の自分とは誰なのか、なぜ本当の自分を見つけなければならないのか、どのようにして本当の自分を見つけるのかについてお伝えしています。

 自分の中に本当の自分を見つけることが悟り意識の目覚めと言われていることです。それが可能であるということは人間の持っている潜在力の中で最も高いものになります。

 悟りや意識の目覚めは実際に誰にでも起こります。それは古の聖者や預言者が成し遂げたことと同じになります。私たちは聖者や預言者が語った哲学を学ぶのみならず、それと同じことを成し遂げることができるのです。そうなって初めて古の教えの全体像を完全に理解することになります。

 本当の自分は想像の産物でも知識的な理解でもありません。それはとてもリアルな存在として自分の中にあり、世界のどんなものよりも確かな現実なのです。自分とはこの本当の自分だと知って生きること、これが人間としての完成形になり、そう知ることが人間最後の学びになります。ラマナ・マハリシも、私は誰かを知ることだけが人生で理解するべきものだと言っています。

 本当の自分(真我)を完全に理解している人はほとんどいません。もちろん、それについての知識があったり、瞑想でそれとなく感じたりすることはあるかもしれません。しかし、本当の自分は私たちのマインドが想像している以上の存在です。 

 空風瞑想の創案者として、本当の自分(真我)の真実を求める瞑想者のガイドができればと思っています。ご興味がありましたら、どうぞお問い合わせください。

佐藤宗一