かみむすび(34)炎の言葉

私は暗闇の中で燃える薪の炎を黙って見つめていた。

炎がパチパチと弾けながら私に尋ねた、何を思い悩んでいるんだい。

何も思い悩んでいるわけではないさ、私は困った笑顔でそう答えた。

思い悩むのは悪いことではないよ、炎は私を見透かしたように言った。


ああ、自分が誰か分からないでいるだけだよ、私は少し苛立って言った。

それなら僕は何かの役に立つかもな、炎はそう言ってまたパチンと弾けた。

なんの役に立つというんだ、私は炎の回りくどい言い方に腹がたった。

僕がどうなるのか見ていればいい、それだけだよ、炎は静かな口調で言った。


わたしたちはそこで黙った。

薪は燃え続けて、やがて炎は何度も弾けながら小さくなって消えた。

暗闇だけがそこに残った。

私はそのまま暗闇の中で黙って座っていた。


ほら、僕たちはひとつになった、炎の声が暗闇に響いた。

僕は消えたけど、君の中に炎は残っている。

君が僕を存在させてくれたんだよ。

そしてまた僕をこの世界に存在させてくれるんだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。