最後の教えはあの夜に語られた(15)

時の女王デュケの門もなく、私たちはすんなりと街に着いた。

私はまだ人気のない早朝の広場で馬車を降りた。

娘たちは片手を上げて私に微笑むと、館への道を戻っていった。

広場は朝日に照らされ、人々の目覚めの音が心地よく響き始めた。

-

あの部屋で見た光の世界がこれから始まるのだ。

私にとって、この朝は特別なものだった。

私は昨日までの私ではないのだ。

私は自分が「在る」だと知っている。

-

私は人間らしく呼吸をして歩いていたが、何もしない「在る」だった。

この朝の空気も「在る」だった。

道をゆく人々も空を飛ぶ鳥も「在る」だった。

私はすべての中に「在る」を見ていた。

-

だが、分からないこともあった。

目に見えない「在る」が、どうして目に見える「在る」になるのか。

そんな分からないことがあることも、私にとっては喜びだった。

答えがすでに与えられていて、私はそれに気づけばいいだけなのだ。

-

私は「在る」をよく確かめて理解しなければならない。

それは夜の館の女王の言った通りだ。

もう二度と夜の館の女王に会うことはないだろう。

「在る」についてはすべて語られたのだ。

-

私はあの部屋で「在る」を知った。

私は言葉だけでなく、実際にいまも「在る」を知っている。

これ以上のことがあるだろうか。

教えられることは終わったのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。