最後の教えはあの夜に語られた(14)

遠くに小さな灯火が見えた。

それは次第に明るくなり、部屋を照らしているロウソクの炎だとわかった。

はっとして私は自分が夜の館にいることを思い出した。

見回すと橙色の灯火が部屋の四隅まで照らしていた。

-

扉の前にあの二人の娘が立っていた。

ロウソクの光に照らされて二人は微笑んでいるようにも見えた。

「さあ、先生、帰りますよ」

そう静かに言うと、私を扉の方へと誘った。

-

私はゆっくりと立ち上がると、黙って娘たちの後に続いた。

いったいどのくらいこの部屋で過ごしていたのだろうか。

私は夜の館の中を歩きながら、自分が「在る」でいることに気づいた。

それは静かで力強く明晰だった。

-

これだけは、この部屋に入る前の私とは明らかに違っていることだった。

私は女王の「在る」についての話を思い出した。

そして、いま「在る」がなぜ真実と言われているのか分かった気がした。

「在る」だけが唯一の真実であり、それは実際にそう理解できることなのだ。

-

私は玄関に止まっている馬車を見つけた。

娘たちが馬車の扉を開け、私は中へと乗り込んだ。

「女王はいないのかね」

私は娘たちに尋ねた。

-

娘たちは顔を見合わせて、困った顔で私を見た。

「女王なんて、ここにはいませんよ」

そう言うと、何事もなかったように馬車をゆっくりと動かした。

私はそうだったかもしれないと心の中でつぶやいた。

-

私たちは帰り道で夜明けを迎えた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。