かみむすび(31)空虚な自分

空っぽな自分には乾いた砂の虚しさが広がっている。

何度もそこで自分を見つめたが、空虚でしかない。

そこに何かを育てようとしたが、何の芽もでなかった。

空虚は空虚として、何者も受け入れない凍えた厳しさがあった。


そうして私はいつまでも空虚だった。

空虚であるなら、私に何の意味があるのだろうか。

私の本質は空虚であり、決して何者にもなれないのだ。

私はそんな空虚に抗って苦しんでいた。


しかし、私は空虚な自分を受け入れた。

私はどうあがいても空虚でしかないのだ。

そのとき、私は空虚の中に満たされている存在を感じた。

私は空虚ではなく、存在に満たされていた。


私は目を閉じてただその存在を感じた。

私は自分が存在だと確かに感じていた。

その存在は世界の最深部ですべてを支えていた。

何者にもならないことで、それはなされていた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。