最後の教えはあの夜に語られた(12)

そこにいる自分を感じてなかったのだ。

そこが闇なのか光なのかしか考えなかった。

女王は言っていた、それは変化しないのだと。

「在る」は世界の摂理から何の影響も受けない。

-

闇の世界に光が差し込んできて明るくなってきた。

世界は光の世界に変わっていった。

私はそこに現れた美しい世界を目の当たりにした。

そして、すぐに魅了されてしまった。

-

私は光の世界しか見えなくなった。

私は世界の中に美しさや驚きを見つけようとした。

それは見つけようとすれば、そこに現れた。

私は世界の美しさを手に入れて満たされた。

-

私はもっと満たされるために、私は世界の美しさを探した。

それを見つけるために、もっと光を望んだ。

しかし、光は徐々に薄れて、闇が美しい世界を飲み込んでいった。

そしてまた、あの闇の世界が訪れた。

-

私は美しい世界を隠してしまう闇を疎ましく思った。

闇は私の思いを踏みにじる邪悪な存在だとさえ思えてきた。

闇の中では光の世界の幻想が舞い踊っている。

それは光の世界の美しい記憶であり、現実ではなかった。

-

私は光の世界の現実を求めた。

そのため、それを邪魔する闇を消すことが私の望みになった。

私は狂ったように光を求めたのだ。

光こそが私を救い満たしてくれるものだと思った。

-

何かがそんな私を引き戻そうとしていた。

私は後ろを振り返ったが、誰もいなかった。

気のせいかと思ったが、それでもしきりに引き戻そうとする。

その感覚を振り払おうとしたが、そこに不思議な温かさを感じた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。