かみむすび(29)探すべきもの

私はこの世界で何かを探していた。

だが、何を探すべきかを知らなかった。

何を探すべきかを知らせる声が幾つも届いた。

声に導かれて何かを見つけたが、それが探すべきものなのか分からなかった。


探すべきものは幾つもあったので、私はそれを丹念に探し続けた。

探してはそれを見つけ、次々に私の中に詰め込んでいった。

そうして私は見つけたものでいっぱいになった。

それでもそれが探すべきものだったのか分からなかった。


途方に暮れた私は寝転んで空を見上げた。

急かされるように探しものをしてきたが、無駄なことのような気がした。

耳元で小さな蟻が預言者のように囁いた。

空はいつも空であって、その空でいればいいのだ。


私は扉を開けて見つけたものを蟻たちに運ばせた。

そうして空っぽの私になったとき、そこに眠っている私見つけた。

これが探すべきものだったとすぐに分かった。

そこで私は眠りから覚めて、はじめて大きく息を吸った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。