かみむすび(28)夏の秘密

夏の秘密


夏の日の午後に吹く風は薄い青の至福を運んでくる。

私はその至福を愛おしく抱き締めるが、風を刺す熱風がそれを引き剥がす。

風のない夏の夜は眠れない池の濃い緑に身体を沈めている。

緑の影の中で小さく叫ぶ無邪気な魂が私の生き血を求めてくる。


それでも私は夏を重苦しいと感じたことがない。

濡れて滲んだ身体がそれを感じて、いつも困った顔で私に手渡すのだ。

私はそれを受け取って、それをに手に載せたまま夏に立っている。

夕方の土砂降りの雨にさらされて、静かに灰色渦巻く空を見上げている。


すべては私でつくられている私の世界なのだ。

私の表情は常に移り変わっていく。

どんな夏の暑さも冬の寒さへと向かい、私の呼吸ごとに色彩を変える。

色彩はいつも私であり、その美しさを光にして風の中に放っている。


この世界にあなたという存在はいない。

ただ私という存在だけがいるのだ。

どれだけ世界が変わっても、私は変わらずにそこで見つめている。

世界は私の中にあって、夏の風の至福にそれは秘められている。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。