最後の教えはあの夜に語られた(10)

私は一体誰なのだ。

虚空の闇に溶け込んでしまって、私は自分自身を失った。

ここでは自分が人間だということを証明することすらできない。

証明するための手立てさえ何もない。

-

私は光を求めていた。

光さえあれば、私は自分が存在している証明を手に入れられると思った。

私はすべてを圧倒する闇の中でわずかな光を探し求めた。

そして、その時が訪れた。

-

闇が薄れていくのを感じた。

それは気のせいではなかった。

遥か彼方から闇を追い払うように明るくなっていく。

私は山の頂に座っていて、美しい地平線を見つめていた。

-

地平線から太陽がその姿を現した。

そして太陽は空と大地を明るく照らしたのだ。

私は光にあふれる世界を見ていた。

私は光が戻ったことに安心し深い幸福を感じた。

-

眼下の森の木々たちは緑深く葉を茂らせ、その葉たちは風に身を任せて踊っていた。

雲が山の裾野にたなびき、龍のようにゆっくりと流れていった。

何処かにある町の人々の声が谷の風に乗ってここまで届けられた。

太陽は天高く登り、すべてに惜しみなく光を注いだ。

-

私はそれを黙って見ていた。

それを見ているだけで幸せだった。

やがて太陽は西に傾きはじめ、徐々に光が失われていった。

地平線に太陽が沈んで、あたりは闇に覆われた。

-

私は再び闇の中に取り残された。

そして私はまた自分を失った。

太陽の光に照らされた美しい世界は、もはや記憶の中にしかない。

現実は闇の中にいるということだけになった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。