かみむすび(26)震える風車

心の中に描かれる歓喜は金色の至福に輝いている。

恐れは黒く固まって心の底へと降り積もる。

悲しみは青い影となって雨の夜を奏でている。

怒りは赤い溶岩になり大地に深い傷跡をつくる。


言葉は鳥のように闇から現われて闇へと消え去る。

そこには何の軌跡も残らない。

その言葉が闇から現われた手に捕まって飲み込まれた。

いくつのも言葉たちが檻の中に閉じ込められた。


檻の中の言葉は知恵を叫んで、私をそこに縛り付けた。

私は金色の衣を与えられ、黒い塊を腹に宿した。

青い影を顔に刻み、赤い溶岩で胸を焼いていた。

そうして風車のように震えながら回っていたのだ。


私は息苦しい檻の中でうつむいて眠っていた。

そこで目覚めて空を見上げたとき、風が笑って私に手を伸ばした。

言葉たちが騒ぎ出したが、私は風の手で空へと引き上げられた。

そこで私はすべてを失い、すべてを手にしたのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。