かみむすび(25)失った日々

何をしているのか分かっているつもりでいた。

何でも分かっているつもりになっていた。

自分が人生を手の内にしている気になっていた。

そうして私は油断していたのだ。


足元がぐらついていても、揺るぎないふりをした。

それが不要と知っていても、ずっと握りしめていた。

悲しい記憶さえ、生きている実感の灯火にした。

そうしないと自分が霞んできそうだった。


乾いた風と熱を帯びた陽の光で私の意識は朦朧としていた。

水が欲しいと思ったが、ずっと前に捨ててしまった。

土砂降りの雨が私からぬくもりを奪っていった。

傘がほしいと思ったが、それも捨ててしまった。


いったい私は何を失ってきたのか。

それを思い出すためにはあの扉を開けなければならない。

愚かで愛おしい私の抜け殻に別れを告げるのだ。

そして私は身が震えるほどの自由の中に放たれる。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。