最後の教えはあの夜に語られた(7)

『在る』だけが誰でも共通して感じられるものであり、それは多種多様な空想や妄想とは違っています。

確かかどうかという点でも『在る』は他のものとは違って、まさに明らかだと認められます。

-

『在る』は知性です。

何の知識もありませんが、すべての知識が生まれたところであり、知識はそれによってつくられています。

ですから、知識がこの知性を超えることは決してありません。

『在る』は知識になる前の純粋な知性であり、それ自身は何も知りません。

ただ、それは生き生きとして、いつも自分を分かっているのです。

-

『在る』は愛です。

『在る』は誰も愛しませんが、そこは愛するものと愛されるものがひとつになる場所です。

そこでひとつになった愛は完全な成就を迎えます。

そこに愛するものと愛されるものといった分離はありません。

-

ですから、愛するということも『在る』にはありません。

これが究極の愛の姿であり、それにまさる愛はないのです。

-

『在る』は祈りです。

『在る』は何も祈りませんが、そこには祈るものと祈られるものがひとつになる場所です。

そこでひとつになった祈りは完全な成就を迎えます。

そこに祈るものと祈られるものといった分離はありません。

-

ですから、祈るということも『在る』にはありません。

これが究極の祈りの姿であり、それにまさる祈りはありません。

-

『在る』は幸福です。

そこに幸福感はないかもしれません。

幸福が何かを満たされるときに起こる状態だとすれば、『在る』は常にその状態にあります。

むしろ、それしか『在る』にはないのです。

-

『在る』は何かが不足しているということはなく、これからも不足することもありません。

いつでも完全な状態でいるため、何かを求める必要もありません。

つまり、これは究極的な幸福の状態にあるということです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。