かみむすび(24)旅の理由

私が暗闇で目覚めたとき、時がはじまった。

時の流れを感じながらも、私は自覚に触れていた。

それは現実であり、夢や幻想ではなかった。

私は確かに存在していたのだ。


存在していたのは私だけだった。

暗闇と無音、加速して流れていく時間。

突如として私は自分が誰かを知りたくなった。

それを知らなければ目覚めた意味を失うと思った。


私は息を吐いて自分を引き伸ばした。

それは時の流れに乗って無数に枝分かれしていった。

私は全世界に自分を張り巡らせた。

そうすれば自分が誰だか分かる気がしたのだ。


気がつけば、私は世界の中にひとりで立っていた。

その世界を見回しながら、そこにいる誰かを見つけた。

そのたびに、それが自分であることを祈った。

そうして私はずっと世界を旅しているのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。