かみむすび(22)森の香り

初夏の雨上がりは森の香りが空へと放たれる。

柔らかな風がそれを私に届けて笑いながら去っていった。

眠い目を開ければ空の青が私の中に流れ込む。

そして私は境界を失ったのだ。


私は自分の境界を作ることに心を傾けてきた。

そうすることが自分らしくあることだと思った。

それは美しい森になっていった。

そして私はその森で眠ってしまった。


私は森の中で夢を見ていた。

私はそこでも美しい森をつくっていた。

夢の中の森は色鮮やかに美しく飾られていった。

そしてあの森は色あせた悲しみに打ち捨てられた。


私が目覚めて境界を失ったとき、あの森はそこによみがえった。

初夏の青い空は森に雨を降らせる。

私はすでに境界を失っていたが、森をその手で抱きしめていた。

森は喜びで風の中にその香りを放った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。