最後の教えはあの夜に語られた(4)

つまり、あなたも『在る』だということです。

哲学者や預言者は自分の本質を『真我』と言いますが、

それはこの『在る』と同じことを指しています。

-

すべては『在る』であり、『在る』ではないものはこの世界に何ひとつありません。

預言者が『すべては平等である』といったのは、この『在る』のことです。

見えている姿形は違っていても、そこに個別性があるように思えても、突き詰めれば、すべてこの『在る』なのです。

-

私がこの『在る』についてお話するのには理由があります。

それはとても大事なことでありながら、知らない人があまりにも多いからです。

そして、知っていても、正しく理解している人が少ないのです。

ですから、ここであなたに『在る』の真実をお伝えしていきます。

-

『在る』にはいくつかの性質と呼べるものがあります。

そのひとつが『在る』には性質がないということです。

性質がない性質、つまりこれは私たち側から理解できる『在る』の姿です。

私たちには性質があるので、性質がないということを概念的に理解することができます。

-

しかし、それを真実として目の当たりにすることはありません。

性質がないものなど、この世界にはないからです。

それでも『在る』には明らかに性質がないのです。

-

『在る』には形がなく、色もありません。

何らかのエネルギーを発しているわけでもありません。

それが『在る』であり、この世界で見られるような性質がどこにも見当たりません。

-

そのため、『在る』を見ることはできません。

見ることだけでなく、五感でとらえることができません。

それは世界にある何かのような対象ではないからです。

-

『在る』は主体自身です。

主体は客観になることができないため、五感でとらえる対象には成り得ません。

しかし、『在る』を感じることはできます。

あなたが主体としての『在る』でいることは分かるのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。