かみむすび(21)時の河

時の河は流れ続けて、止まることを知らない。

止まることを知らないと思っている間にも、

時はすべてを過去に置き去りにして流れていく。

この流れに逆らえる者など誰もいない。


誰もが時の河を一緒に流れていく。

付いたり離れたり、美しかったり醜かったり。

笑ったり怒ったり、成功したり失敗したり。

そうしてその川面が二度と同じ形になることはない。


時の河に流されない者がいる。

それは時の河そのものだ。

時の河は始まりから終わりまでひとつとしてある。

時の河は流れているが、時の河自体は流れていない。


私は時の河を流れ行く者であり時の河自身。

私は流されながらも、決して流されることがない。

私は流れて常に変わっていくが、まったく変わらない。

私とはそういう者だと時の河が私に告げた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。