最後の教えはあの夜に語られた(3)

馬車が夜の館に到着すると、女王が出迎えてくれた。

女王は私に美しい微笑みを私に投げかけた。

私はその高貴な姿を目にしてめまいがした。

馬車を降りる私の手を取ると、女王が話し始めた。

-

「夜の館に来てくれて感謝します。

私の遣わした娘たちによくついてきてくれました。

あなたは不審に思ってついてくる必要もなかったでしょうに。

-

私はこの人ならと思う方をこの館に招きます。

そして、ここで私の教えを受け取って、それを持ち帰ってもらいます。

その後に、その教えを自分でよく吟味してほしいのです。

-

私が語ることの意味を理解する人はほとんどいません。

この話を理解できない人に話して聞かせても、ほとんど意味がないのです。

興味がなければ、宝石もただの石にしかなりません。

-

私は少なからず理解できる人にこの教えを伝えたい。

これはこの世界の最後の教えなのです。

そういうことです。

-

ただし、私の言うことを決して鵜呑みにしないでください。

私はあなたに信じるべき何かを押し付けるつもりはありません。

あなた自身でそれを確かめて、自分で直に認めることができた後に、

それを自分の真実として欲しいのです。

-

私がお話することは『在る』ということについてです。

無いこと、すなわち『無』についての話は意味がありません。

『無』は『無』であり、この世界には存在しないものです。

存在しないものを取り上げて話しをしもて何にもなりません。

-

『在る』ということが、この世界の最深部にあって、その基盤になっています。

あなたが理解するべきことはこの『在る』についてです。

この世界の始まりが『在る』であり、

すべてのものはこの『在る』によって成り立っています。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。