かみむすび(20)私は何処に

私が目覚めたあと、私は世界自身に埋もれていった。

私がつくりだした世界の泡に覆われてしまったのだ。

それで私は目覚めてからあっという間に世界から消えてしまった。

世界は見えるが、私は見えなくなった。


私は見えなくなったけれども、世界が私をつくってくれた。

その世界がつくった私を私は私とすることにした。

私は世界の土や水や火や風が微細に入り混じってできている。

私は世界がなければ存在できなくなった。


私は世界を失うことに恐れを感じた。

世界を失うことは私を失うことであり、それは現に世界で起こったのだ。

私は私を失いたくなかったので、世界が失われないように支え続けた。

そして私は疲れ果ててしまった。


疲れ果てて眠った私は夢の中で生まれたときのことを思い出した。

そこで私は世界をつくっていた。

私は世界に埋もれて消えたわけではなかった。

私がいるから、世界はそこに現われ続けていたのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。