風の巡礼(2)初夏の太陽

私が空の眼差しに気づいたとき太陽は雲間にいた。

雲間から太陽の手が大地に触れて、大地はそれを握りしめた。

それで大地は慰められて美しい色彩を太陽に返した。

太陽は空を駆けながらそれを眺めて微笑んでいた。

空の眼差しが誰なのかは分からなかった。

私が空を見上げるのは、その眼差しを感じるから。

いつも私はそうして誰かを空に探すのだ。

そして、いつも誰かが分からずじまいだ。

大地も空の眼差しを感じていた。

だから花も木も空へと顔を向けて手をのばすのだ。

そこには誰もいなくて、届かないその手を風がもてあそぶだけ。

ときおり太陽の手がそんな大地を包み込んで慰める。

初夏の太陽は何も知らないように微笑んでいるだけだ。

私はその手が私や大地に触れていることを感じている。

誰か分からない空の眼差しはいつでもそこにある。

それがなくなることなど一度もなかった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。