かみむすび(19)絶望の底から

私が世界に立ち向かうにはあまりにも非力で弱すぎた。

荒れ狂う嵐の海に小石で立ち向かおうとしていたのだ。

私はいつもなす術もなく世界に飲み込まれていった。

そして絶望の底に沈んで眠らされたのだ。


私は眠っているように世界で生かされた。

眠っていれば、世界は私に優しかった。

私は世界の優しさに抵抗することができなかった。

抵抗する理由さえも失って、そこで笑っていたのだ。


海の彼方に沸き立つ入道雲が語りかける。

いつまでそこで眠っているのかと。

だが目覚めようとしても、それを世界は許さないのだ。

世界は私を絶望の底に縛り付けている。


ある夏の夜に、私は海の底で目覚めた。

海の底から海面の光を目指してまっしぐらに泳いだ。

海面に出ると大きく息をして、さらに夜空へと飛び立った。

空から大地を見下ろして、私はその手で小さな世界を包み込んだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。