かみむすび(18)芽吹きの春

ある夏の朝、私はこの世界に誕生した。

私は立ち上がって世界を見回した。

世界は小さな私にとって圧倒的だった。

それでも世界は私を抱きしめてくれた。


私は秋色に染まる世界を歩いた。

そして世界を愛したり憎んだりした。

それでも世界は世界としてあるだけだった。

私は孤独になり世界に愛されていないと感じた。


世界が世界としてあるなら、私は私としてあらねばならない。

それがこの世界で私のできることだ。

冬の間、私はそのことを考えながらじっと瞑想した。

いったい私は誰なのだ。


私の中で新しい芽吹きが起こった。

透明な緑が弱々しい小さな芽だが、それが私というものだ。

世界は微笑みながら私に眼差しを向けた。

柔らかな風が春を運んできた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。