破壊神は我々の世界で優雅に踊る(18)

「もう、このくらいで十分だろう」

その人間は私の心の中でそう言った。

私があたりを見回すと、あの世界は跡形もなく消えていた。

黒い大地がそこに広がっているだけだ。

-

私は気持ちが落ち着いてくるのを感じた。

いくつもの巨大な渦巻たちはひとつひとつ姿を消していった。

そして私であるひとつの渦巻だけが残った。

ただ、いまだにそれは白く輝きながらゆっくりと回っていた。

-

「お前、普通の人間ではないな」

私は渦の中から金色の目を見開いてそう言った。

人間の姿をしているが、まるで私を支配しているような目をしている。

その目を見ているだけで、私の怒りが吸い取られるように収まっていくのだ。

-

白い渦巻は回る速度を緩めていき、荒々しさが消えていった。

その人間は私に近づき、そして片手を前に出してその渦にそっと触れた。

そのとたん、私の中から急激に力が失われていくのを感じた。

人間はさらに私に近づき、私の中へと入っていった。

-

「人間たちを戻しなさい」

そう私に言い残すと、私の中へ消えていった。

私は力を失っていき、渦を維持することさえできなくなった。

白い光は輝きを失い、小さく縮んでいった。

-

私は自分が大地の上で塊になっていくのを感じた。

動きが失われて、私は雲の塊のような姿になった。

そこから人間たちが驚いた顔をしながらぞろぞろと出てきた。

私が地上から吸い上げた人間たちだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。