かみむすび(16)暗い道

私は真っ暗な道を歩いていた。

ここがどこかも分からない。

ただ歩けるから歩いているだけだ。

どこに向かっているかも知らない。


やがて光が見えて、音がしてきた。

何かの感触があり、匂いや味もした。

何かを感じるということで私は安心した。

ただそれらは狂ったように踊っていて、私は撹拌されて投げ出された。


立ち上がっても目が回って、歩くことも苦しくなった。

私は立ち止まって、足元を見つめた。

足元には何もなかった。

私はここまで歩いてきたかどうかでさえ確かではなくなった。


私はずっとそこにいたのだ。

歩いてきたけど、一歩も動いてなかった。

私は目を上げて真っ暗な道へと視線を移した。

私の感覚がきれいに整列して迎えてくれた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。