かみむすび(15)夢の世界

眠ったままでいれば、私は安心の中にいる。

夢の世界の中にいて、甘いお菓子を食べている。

そうして私は笑いながら時間を転がっているのだ。

だから、目覚めてはいけないということ。


夢の世界では何でもできる。

楽しいことも満ち足りたことも。

嫌なことも気落ちすることもあるけれども、すぐに忘れるようにしている。

眠ったまま夢から覚めなければ、どうにでもなるのだ。


そうして私は長い間、夢の世界で暮らしていた。

永遠に夢の世界で暮らすものだと思っていた。

しかし、このままだと私は自分を忘れてしまう。

そうなれば、夢の世界が現実になってしまう。


その前に目覚めなければならない。

この安心と甘いお菓子の誘惑を断ち切って。

まだ自分が眠っていると知っているときに。

そうして自分に目覚めて、夢の世界を目覚めた自分にするのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。