かみむすび(14)古い友人

古い友人が訪ねて来たことがあった。

私は友人を思い出せず、記憶の奥の暗闇まで降りていかなければならなかった。

それでも、古い友人はまるで昨日あったような気さくさで私に微笑みかけた。

私はただ苦笑いを返すだけだった。


新しい友人たちは私を愉快にさせる。

たまに困らせたりもするが、それも親しい友人だからだ。

私の記憶はそんな新しい友人たちとの暮らしで満たされていた。

その古い友人との思い出は何もよみがえって来なかった。


古い友人は私の家に上がると目の前に座って、私が差し出した酒のグラスを手にとった。

そして、黙っていたずらっぽい目で私を見ながらグラスを傾けた。

まだ思い出せないのかなと言いたげな眼差しだ。

ああ、やっと思い出した、それは本当に昔のことだった。


この宇宙が生まれたときに私たちは一緒だったのだ。

私たちはいつかまた会おうと言って暗闇の中で別れた。

古い友人はそれを忘れずにいてくれた。

友人はまたひとつになる時が来たことを、私に告げるために会いに来たのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。