かみむすび(13)不幸と供に

私は幸福を求めたことがない。

幸福も私にはそっぽを向いている。

不幸な状況にあるとき、私はそれに取り組んだ。

だが、不幸は私の足首から手を離すことはなかった。


私は不幸ではない状況でも足首に違和感を覚えていた。

きまぐれに不幸がその足首を引っ張れば、そのたびに私は泥沼に落ちてもがいた。

それで見かねた幸福が私に手を貸そうとすることもある。

だが、幸福のその手を借りれば、私は幸福に服従しなければならないのだ。


私は不幸に陥るとしても自由でいたかった。

行く手に泥沼の危険があっても、ひとりで歩いていきたかった。

幸福にすがってしまえば、私はその場でくつろいだ岩にされるのだ。

眠りにつかされて、心地よい夢を見させられる。


不幸は常に私を目覚めさせる。

痛みや苦しみは眠っていない証拠なのだ。

不幸には足首を握らせておく。

太陽が本当の太陽であると知っているために。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。