かみむすび(11)丸い鉤爪

鋭く研ぎ澄まされていた俺の鉤爪は摩耗して丸くなった。

その爪はもう何も傷つけることができない。

荒々しかった俺は穏やかな心になり、それを神々は褒めてくれた。

俺の鉤爪ではどんな壁も登れなくなった。


俺の心は麻痺したようにいつも居眠りをするようになった。

羊の群れに中にいて誰かが何かを決めてくれるのを待った。

誰も俺を恐れていなかったので、大勢の仲間と笑ったり泣いたりした。

群れから離れると誰かに怒られたので、いつも仲間たちとくっついていた。


春のある晴れた日の午後、俺は居眠りが過ぎて仲間たちとはぐれてしまった。

ひとりになったとき、丸くなった自分の鉤爪を見た。

俺はなぜか無性に腹が立ってきて、一心不乱にその鉤爪を研ぎ始めた。

俺はライオンだったのに、羊になったつもりでいたのだ。


鉤爪の鋭さは仲間を恐れさせるだろう。

羊たちはライオンを非難して、仲間にはしないだろう。

ライオンになったら、ひとりで行くしかないのだ。

俺は鋭い鉤爪を壁に食い込ませて登るしかない。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。