かみむすび(10)風の中

遅すぎる、速度を上げろと君は言った。

僕は君を横目で見た後に速度を上げた。

そんなものか、君は蔑むように僕を見て笑った。

そうさ、僕は臆病者でいい。


速度が遅いわけではない。

目の前に現れた雲はあっという間に後ろに置き去りにされる。

風の音が耳元で甲高い悲鳴をあげ続けている。

君は激しい風の中で涼しい顔をして前を見ている。


僕は腹の奥に力を込めると、さらに速度を上げた。

君はほうという驚いた顔をして僕を見た。

僕にもこれくらいの度胸はある。

そして、僕たちは風の壁を超えたのだ。


壁の向こうは完全に静止していた。

僕と君はひとつになって色を失った空に溶けてしまった。

僕は速度を緩めた。

僕たちは悲鳴を上げる風の中にいた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。