かみむすび(9)神から生まれた

神を見ることはできない。

春の日の静かな夜に目を閉じて感じるのだ。

神は何も語らない。

夏の日の木陰に座って耳を澄ますのだ。


神は何の意思もない。

秋の日の森の小径をゆっくりと歩くのだ。

神は何もしない。

冬の日の寒さに凍えて身体を擦るのだ。


私はそんな神から生まれた。

私は大地に立ち、何度も息をして、首が痛くなるほど空を見上げていた。

そして、ああ空を飛びたいと思っていた。

それでも神はそうして私の中に宿っている。


神はすべての空を安々と貫いている。

誰もいない深海でいつでも私の手に触れている。

私が神に手を伸ばせば、いつでも神は私を抱きしめる。

そして私は神に笑い声を授けるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。