かみむすび(6)完全な世界

存在はこの宇宙の最高峰であり唯一完成されたものだ。

完全無欠であり、これを超えるものなど宇宙にはない。

この存在の価値に気づく者は稀にしかいない。

誰もがそれよりも劣るもの、劣化したものを愛していた。


どんなに素晴らしいものでも何かが欠けていた。

何かが欠けていたから、私はもっと素晴らしいものを探した。

それを見つけると、私は歓喜してそれを愛さずにいられなかった。

しかし、それもいつか何かが欠けていると気づくのだ。


何かが欠けていると知ると、私の歓喜と愛は冷めていった。

そんなことを何度も繰り返してから、私は何がそこに欠けているのかを探し始めた。

そこにはそれを見るものの完全性が欠けていたのだ。

探求者自身が不完全であれば、それに見られるものも不完全になる。


私が存在になったとき、すべては完全になった。

見る者が完全になれば、世界は完全になるのだ。

明らかに何かが欠けているものでさえ、私が見れば完全になる。

私は世界に不完全なものを見つけることが不可能になった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。