かみむすび(5)砂粒になる

私は波打ち際に立ち海を眺めていた。

海は私から広がって遥か彼方に空の境界を描いていた。

波に揺れる水面が午後の太陽の光できらめいている。

ときおり潮風が身体を通り抜けて、古代の笛の音を耳に残した。


この星に生きているとはこういうことだ。

私がなぜここにいるのかは分からない。

だが、誰がここにいるのかははっきりと分かる。

それは見ることのできない砂粒だ。


砂粒は何にでもなることができる。

だが、それで砂粒であることをやめることはできない。

この星で人間の身体になっても、それが砂粒であることに変わりはない。

私は砂粒なのだ。


砂粒からすべてが創造されている。

砂粒は創造されたものを見ることができる。

その美しさと繊細さに触れていると目から涙があふれてくる。

その涙を潮風が拭っていく。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。