かみむすび(4)君の瞳

君の瞳を見つめていたとき、その奥の何かが触れてきた。

黒くて透明で暖かなそれは、私をゆっくり瞳の中に飲み込んだ。

瞳の中には漆黒の宇宙が広がっていて、私はそこでひとり暗闇を見ていた。

そこはただ暗闇が広がっているだけの世界だった。

-

私は暗闇に何かを見つけようと、その中を風のように飛び始めた。

どこを見ても同じ暗闇なので、どこを飛んでるか分からなくなった。

それでも私はただ闇雲に宇宙飛行を続けた。

ついに小さな光の粒を見つけた。

-

私は誰にも知られていない貴重な宝物を見つけた気分になった。

その光を見失わないように、それに向かって飛んでいった。

その光に近づくと、その近くにもうひとつ小さな粒を見つけた。

それは光に反射して、とても美しい青色をしていた。

-

それは私がかつて住んでいた青星だった。

私はその星に近づき、ゆっくりとその大地に舞い降りた。

そこで私は美しい瞳の君を見つけたのだ。

私は君の瞳をじっと見つめた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。