かみむすび(1)暗闇の光

真夜中は猫の足音さえもしない静寂の海の底。

夜空は小さな星たちの光で覆い尽くされていた。

私はその中に自分の星を見つけようとした。

星が多すぎてどれが自分なのか分からなかった。

-

私を乗せた時の風は素知らぬふりして駆けていいく。

風に晒された私はいつまでも夜空を見上げて星を探した。

そうして疲れて目を閉じると私の与えられた時は終わるのだ。

私が終わっても星の面影を胸に満たされた気持ちは残った。

-

私は風のない海の底の真夜中に目覚めた。

見上げると空にはひとつの星もなかった。

私の心に悲しみがこみ上げてきて恐れがそれを飲み込んだ。

私はたったひとつの光でもいいから欲しいと願った。

-

それで私は小さな光になった。

深海の暗闇を照らすにはあまりにもわずかな光。

それでも私は光としてこの闇を照らすしかない。

この光だけは決して消えることがないと知っていたから。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。