風の巡礼(1)弥生の朝

夜の川にぬくもりが宿ると冬の王国は崩れ始めた。

圧倒的だったその姿は湖に溶けて緩やかに薄れていった。

森は冬の王が力なく湖底に落ちていく姿を感じて扉を緩めた。

森の木々は空を旅する風と何事かささやき合った。

-

闇の夢につながれていた者たちは歳月の光に迎えられた。

目を開けたとき柔らかな空気の中にはじき出された。

驚き混じりに思わず小さな笑い声を上げた。

夜明けの森はそんな笑い声であふれた。

-

森の扉から春の民が次々に姿を現した。

空は虹色の雨を降らせて民に祝福を与えた。

太陽はいつもより多くの光を大地に贈った。

風は霞のかかる山肌で芽吹きのダンスを捧げた。

-

森は春の民が吐く息で香り高く染められていった。

歳月は春の王国を見届けて空へと高く昇って消えた。

川の歌声がぬくもりとなって王国の隅々に行き渡った。

森は沈黙したまま春の夜を待った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。