晴れ渡る空と静かな祈りと

朝7時。部屋の備品がなくなっていることに気づき、すぐ近くのコンビニへと買い出しに。そのまま部屋に帰るにはあまりにもいいお天気だったので、近所の鳩森神社まで足を伸ばすことにしました。鳩森神社は小さな神社ですが、その分とても身近な感じがします。拝礼をしてから、境内を何気なく見て回ると、参道脇に薄ピンク色のアセビの花が咲いていました。見上げると、空に梅の花が咲いています。梅の花は終わりかけだったかもしれません。ただ咲く、そして散る。そういうことかと妙に納得しました。私はしばらく見上げたまま空に何かを見ていました。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。