新宿御苑 1月19日

茶色い芝生、葉のない枝を伸ばすだけの木々、冷たい空気、雲のない青空、冬の景色。そんな中でも春の鼓動は始まっています。いったい何度目の春が巡ってくるのでしょうか。まだ眠っている生命たちは休息の時を知り、そして目覚めの時を知っています。その時に従って生きているのです。ただ、同じ春が来ることはありません。それはその時の生命にとっては全く新しい春なのです。生命は新しい春に驚き、戸惑い、興味深く思うことでしょう。それもまた生命の美しいところなのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。