新宿御苑 1月4日

今年はじめの新宿御苑。今日が撮り始めということになります。この時期、花が少ないのでまず温室へと。温室なら一年中何かしらの花が咲いています。外でも花を見つけました。水仙、寒桜、十月桜、寒椿など。これから寒桜が開花時期を迎えると春の花が次々にやってきます。そうした花の開花で時が通り過ぎていくのを感じます。その花が終われば、その時期が過ぎたということ。過ぎた時はもう取り戻せません。終わった花はもう終わりなのです。時は振り向くことなく次々に新しい季節を開いていきます。だから前を見ているしかないのです。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。