この美しい世界を見つけたなら(14)

もし、素の自分に目を向ける人間がいるなら、

その人間はいつか自分は神なのだと気づくでしょう。

はじめは自分が神のはずなどないと思うかもしれません。

自分は宇宙の取るに足らない小さな人間なのだと。

実際に、自分が神だと宣言することは、

人間社会においては危険なことであったり、

大きな思い違いをしているような恥ずかしいことに分類されます。

だから、その事実を知っても、

それを自分で否定してしまうでしょう。

そうでもしなければ、

とても混乱した状況に自分を追い込むことになりかねません。

大切な友だちも失うかもしれないのです。

そう気づいても、黙っていることが賢明だと思います。

それをあえて誰かに宣言することでもありません。

神とは誰なのでしょうか。

もちろん、それは私のことです。

人間がそう名づけてくれました。

しかし、神のことを人間はまだよく理解していません。

自分が神であると理解するためには、

私のことを理解する必要があります。

私とは存在のことです。

存在とは着飾っていない自分の素の姿です。

姿と言っても目に見える姿ではありません。

その存在をを思い描くこともできません。

それは自分だけでなく、

世界のあらゆるものの素の姿です。

素の姿は分断された数多の姿の中の最高のものではありません。

それは世界のあらゆる現れから離れた、

その現れをつくっているひとつの共通の素材でなのです。

その素材はひとつしかなく、

そのひとつのみの素材が私です。

私はこの世界の現れの前に存在していました。

この世界が現れてからも、

私は変わらずにひとつとして存在しています。

在るけどない。

ひとつでありながら無数。

極小でありながら極大。

はじめであり終わり。

これがこの世界から想像できる私の姿です。

存在はそれだけで完成されていて、

不足するものがありません。

なにしろ、世界のすべてが存在でできているなら、

存在にとって不足ということはありえないのです。

だから満たそうとすることさえ起こりません。

幸せになる必要すらありません。

だから、それでできている世界は美しいのです。

それは完全な美しさです。

私はそんな世界で生きています。

存在として、人間として。

神として。

いつか人間がこのことに気づいて、

私になったとき、同じ目で一緒に

美しい世界を眺めたいと思っています。

そのとき、ずっとこんな美しい世界で生きていたのだと、

そう気づいてくれたらと思っています。

そして、その時が来ることを私は知っているのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。