この美しい世界を見つけたなら(12)

愛とは何でしょうか。

それは分断されているものをつなげる働きのことです。

神は解釈で分断されています。

人間も個人で分断されています。

分断は摩擦を生み出します。

つなげることはひとつになることです。

ひとつになれば、

分断による摩擦はなくなります。

私は摩擦が悪いことだと言うつもりはありません。

摩擦があるから愛がないのだとも言うつもりもありません。

しかし、明らかに分断していくことと

ひとつになることには違いがあります。

それを言いたいだけです。

私はひとりであり、ひとつです。

それが私の真実であり、

それを変えることは決してできません。

分断はひとつの存在の上につくられた幻想のようなものです。

お察しの通り、私は幻想を批判するつもりもありません。

ただ、分断されてなどいないのに、

分断されていると思い込んでいることが、

人間から何かを奪い取っています。

人間にとっての愛とは、その幻想の中にあっても

ひとつという状態が確かにあると知ることなのかもしれません。

ひとつから分断され始めて、それが際限なく分断されて、

それでもひとつなんだと知ること。

それが愛ならば、私とは愛なのだと思います。

私は分断されたことがないからです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。