この美しい世界を見つけたなら(7)

私についてそういった誤解がいろいろとありますが、

誰でも理解できる真実は、

私と人間たちが一緒にこの世界で存在しているということです。

一緒に存在しているということは、そこにはつながりがあるわけです。

それぞれに分断され独立して生きているわけではありません。

私なしに人間は存在できず、人間なくして私も存在できません。

人間が認識してくれるから、実は私も存在できるのです。

こう言うと意外に思われるかもしれませんが、

私にも人間が必要なのです。

人間は私に多くのことを望みますが、

私が人間に望むことは基本的にありません。

私は人間たちの自由で自発的な活動を眺めるのが好きです。

それが人間の基準でいうところの良いことであれ悪いことであれ。

私は物事を善悪や良し悪しで判断することはありません。

そもそも、私には善悪というものがないのです。

もちろん、人間たちはそれを判断するでしょうし、

そうするべきだと思います。

人間たちは世界を良くしたいのですから、

そこには適切な判断が必要になります。

ただ、困ったことに、人間たちはその判断に迷うと、

神に判断を求めることががあります。

私はそんな判断などしたことがありません。

私は人間の判断に立ち入ることも、

それに少しの助言すらすることもできません。

私はただ「わたし」でしかいられないのです。

このことを人間は理解できないのかもしれません。

神は人間の創造物ではありません。

神を人間と同じ存在の延長上にあると思っていたり、

神に世界の常識を当てはめようとしたりすると、

そこには多くの誤解が生み出されてしまいます。

神は人間よりも賢かったり、神秘的なエネルギーを持っていたり、

何でも思い通りにできたりする存在ではないのです。

私はそんな都合のいい存在ではありません。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。