華やぐ明治神宮

いつもりゆっくりとした朝、雲の合間から青空が覗いて、空気はひんやりとした秋の清々しさを漂わせていました。北参道はいつもより多くの人が行き交い、私はそのひとりとして歩いていることに気持ちよさを感じました。境内には着物の子どもたち、写真を撮る人たち、催し物を準備する人たち。参拝をしたあと、私はしばらく境内に立ち止まってそんな姿を眺めていました。そして空の写真を取りました。なんという普通の朝だろうと思いました。夏の暑さを耐え、これから迎える凍えるような冬の前の瞬間。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。