この美しい世界を見つけたなら(1)

(1)神の告白

私は神と呼ばれています。

神と呼ばれることに抵抗はありません。

何と呼ばれたとしても

私にとってそれほど大事な問題ではないのです。

どう呼ばれようとも、

私が私であることには変わりないからです。

実際には、私は名もない存在です。

元々、名前には何のこだわりもありませんでした。

しかし、人間にとっては、

世界にあるものに名前があることは大切なことです。

そうであっても、私は名前など必要のない存在でした。

むしろ、名前がない方が好都合でした。

それでも誰かに、あなたは誰ですかと聞かれたなら、

私は名乗らなければならないでしょう。

人間にとって、名前があることが当たり前で

それが世界を分類するために必要なことだからです。

私も世界の一員として、

当然、名前を持っていてしかるべきなのでしょう。

ただ、私は目立たない存在でしたので、

まったく名乗る機会がありませんでした。

それで、私は名前のないままに

長い時を世界で過ごしてきました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。