早朝の明治神宮

朝6時、今朝はいつもより早く明治神宮に向かいました。早朝開園の新宿御苑に行くために時間を繰り上げての出発です。朝の街は人も車も少なく、なんとなく異国にいるような感じがしました。礼拝をしてから、境内のベンチに座って瞑想。この時間。決して流れを止めることのない時間。1時間後はまったく別の場所でまったく違うことをしてる私。1年後、10年後、そこにはそれぞれの時間の風景がきっと私の目の前にあります。それでも私は私で変わりなく、それだけが時間を超えて存在しています。だから、変わりゆく時間の流れを尊重して生きていけると感じました。時の始まりからここにいる私であるかぎり、世界の時間は私の中にあるのだと。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。