悟った人が知っていること(12)

こうして私が完全に悟ったあとに思ったことは、

すべての人がこの悟りを得る可能性を

持っているということです。

誰もが自分自身の誤解を解き、

その真実を理解することができます。

ただ、すべてに人が即座にこのことを

理解することは難しいかもしれません。

それは私がそうであったように、

誰もが身体や心が自分であって、

それだけが世界と強く結びついていると

信じているからです。

これはとても強固な固定概念になっています。

この固定概念は簡単に退いてくれないでしょう。

悟りが起こるためには、

その固定概念を真実でもって何度も揺るがし、

そうすることで起こるマインドの精神的な成熟を

待つしかありません。

多分、進化ということは

そうして時間をかけて

起こっていくものなのかもしれません。

ただ、いつでも悟りへの道は示されています。

それはいつでも、いたるところに現れています。

間違った方向はありません。

世界で何かを手に入れて喜んでいたとしても、

何かを失って悲しんだとしても、

そこが終着点ではないだけなのです。

人類は常に前に進み、様々な経験を通過しながら、

悟りという終着点に向かっていくでしょう。

そして、本当の自分が存在だと悟ったなら、

人間としての使命はそこで終わりになります。

そこが終着点です。

それ以上の先はありません

すでに自分とは個人でも人間でもないため、

二度と生まれ変わることもありません。

つまり、輪廻転生から離れるということです。

人間として生まれたくても、

もうそれはできないのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。