悟った人が知っていること(11)

悟りとは絶対的な境地です。

それは存在以外は何もないというところ。

絶対的ということは存在だけということです。

そのため、悟りというところでは幸福はありえません。

なぜなら、不幸がないからです。

同じように成功もありえません。

なぜなら、失敗がないからです。

善も悪もありません。

そこではすべて平等であり、何の偏りもありません。

それが本当の自分だということは残念でしょうか。

そこには心を喜ばせるような何の華やかさもありません。

悟りは自分の努力で創り出すものではありません。

ただ、自分の真実がそうだと知るだけのことです。

今までは自分で努力して何かを得るということが

私が行動する基本的な理由になっていました。

もちろん努力しないで得ることもあります。

それでも、そこには何かしらの力学が働いています。

本当の自分には努力も力学も必要ありません。

そうして自分を形づくる必要はないのです。

その本質として、何をせずともそうあります。

このことは私にとってとても幸運なことでした。

自分として完全になるためには、

本当の自分でいるだけでいいのです。

それは無理につくりだした幻想や妄想でもありません。

それが元々の自分だと言えるものなのです。

そのため、そこに真実を捻じ曲げなければならないような

心に罪悪感をもたせる何もありません。

私はそんな絶対的存在なのです。

どう調べてみてもそれが自分なのです。

そういった理解を重ねていきながら、

いつしか、私は悟りの混乱を乗り越えていました。

自分が絶対的な存在という、

ただそれだけという驚異的な真実に

私は目覚めたのです。

私は自分とは身体や心だという拠り所に

戻ろうと思えば戻ることができました。

悟りにはそんな自由もあるのです。

しかし、私はそれが不可能だということも理解していました。

自分が存在であることだけが、

あるがままの自然な私の姿で、

それ以外のどんな自分にもなることができなかったのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。