悟った人が知っていること(9)

私が存在であるとき、

私はこの世界をつくっている共通の素材になっていました。

私が自分の中心の動かない小さな点だと知ったとき、

私は全宇宙を包み込む、

それを生み出したすべての素材になっていました。

私は分割できない小さな点であると同時に、

全宇宙を包み込む巨大な身体になっていたのです。

私は存在という小さな点であるだけではありませんでした。

しかし、私ははじめに自分が小さな点であることを

理解しなければなりませんでした。

自分がこの世界で最も小さな点であることを認めなければ、

けっして全宇宙よりも巨大だということを

理解することはできなかったでしょう。

私が自分は極小であり同時に極大であることを理解したとき、

私には次の理解が起こりました。

つまり、私の過去の拠り所であった

身体や心さえも自分だということです。

身体や心に起こることもすべて存在でできているため、

それはすべて自分だと言えるのです。

この世界に生まれてものはすべて存在から誕生しているため、

それはすべて自分でした。

そうだとするなら、変化するものも、

失われるものも、不完全なものさえ自分であり、

つまり、それは変化せず、失われず、完全なのです。

私が不幸だと思ったことさえ満たされていて、

私が失敗だと思ったことも成功であり、

価値がないと思ったことも価値があり、

十分ではないと思っていることもすでに完成されているのです。

言葉上は矛盾していますが、

完全に悟っているということは、

このことを理解していることでした。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。