悟っている人が知っていること(2)

それは、私にとって失敗だったのでしょうか。

私は悟りを得るために

人生の多くの時間を費やしてきました。

もし、期待したことが起こらないならば、

悟り自体が意味のないことである可能性があります。

自分にとって価値があると思ったからこそ、

私は悟りに向かって努力していったのです。

幸せになることが、私にとっての悟りの価値でした。

それが与えられなかったことは私を失望させました。

失望というよりも、

実際には人生に何の希望も持てないような

絶望感に近かったかもしれません。

私は悟りを得ることに人生を賭けていました。

それ以上に価値があるものはないと思ってきました。

そうして得た悟りに、

期待していた幸福への梯子を外されて、

私は何が起こっているのか理解できず途方に暮れたのです。

こんなことのために人生を賭けてきたのかと。

私は自分の貴重な人生を

無意味な時間に費やしてしまったのかもしれないと、

後悔にも似た気持ちになりました。

しかし、私は悟りによって、

自分の何かが変わったことに気づきました。

それはまだはっきりとはした何かではありませんでした。

そこで、私は自分の何が変わったのかを

じっくりと確かめることにしました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。