悟った人が知っていること(1)

私が自分の真実を悟ったあとに、

はじめて分かったことがいくつかありました。

その悟りについて、ひとつ確かに言えることは、

それが悟る前に期待していたそれとは、

かなり違っているということです。

私は悟りを得たなら、

もっと幸せになれると期待していました。

少なくとも、気が楽になったり、

心に喜びが増えると思っていました。

それはまったくの思い違いというわけではなかったのですが、

私が期待していた幸せではありませんでした。

私が期待していた幸せとはこの身体や心の幸せです。

身体は重力から解放されたように軽やかになり、

生命力あふれる波動が体内を滞りなく巡っている。

私はそれを感じて、ふと笑顔になる。

心には何の悩みもなく、

今この瞬間を生きている実感があり、

常に遮るもののない明晰さがあり、

的確な洞察が直接心に届けられる。

そして、晴れやかな気持ちが失われることなく続いてく。

幸せとは、そんな身体も心も穏やかで、

満ち足りている状態になること。

私はそれが悟りを得た後に

約束されていると信じていたのです。

それに何かの根拠があったわけではありません。

それは私の幸せな状態のただのイメージです。

私はいつもそうなることを願っていて、

それを悟りの状態に重ね合わせていたのかもしれません。

悟りのあと、確かに体の調子が良くなることもありました。

心も明るく穏やかになった気がします。

しかし、相変わらず身体には痛みが起こり、

熱が出たり、調子が優れない時もありました。

心にも悲しみや焦り、怒りを感じることがあります。

過去の記憶に悩まされたり、将来を悲観したりもします。

それは悟りを失ったからではありません。

私は自分が悟っている状態であることを何度も確認しました。

それは間違いありませんでした。

つまり、悟りを得ても、

期待した幸福が起こるわけではないということです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。