悲しみの傷を抱えたままで(14)最終話

私にはまだ自分が身体や心であったときの名残がああります。

身体や心として感じた記憶や

その判断基準がまだ残っています。

それに基づく固定概念がところどころに顔を出します。

それは懐かしい馴染みのあるマインドです。

ただ、新しい視点からの眺めもあります。

その眺めがあるため、

その名残りが身体と心の視点だと

自分で知ることができます。

存在としての自分を

マインドがどう理解していくのかは、

ここから始まっていきます。

世界がその新しい学びの場になります。

まだ生まれたばかりの存在としての自分を

マインドが世界で育て理解していくのです。

悲しみの傷を抱えたままで大丈夫だということも、

実際に世界でマインドが確かめていきます。

これは哲学や道徳ではありません。

それらが生まれる前に存在している

自分自身の真実の話です。

悲しみの傷は存在しているのか、

それとも存在していないのか、

それは消さなければならないのか、

それとも存在させるべきなのか。

そういったことを存在としての自分から、

触れられるということが大切なのです。

だから、悲しみの傷を抱えたままで、

私は今も世界で生きています。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。