悲しみの傷を抱えたままで(13)

それは後から分かることであって、

はじめから理解できることではありません。

そして、それを理解していない人に、

伝えようとしても決して伝わらないでしょう。

自分自身で存在にならなければ、

決して理解できないことがあるのです。

自分自身で理解する道は

自分で見つけなければなりません。

そこで本当の自分が誰かを知ったなら、

今までとはまったく違う視点で世界が見えてきます。

自分の視点が変われば、世界を見る目も変わってきます。

その目で見て、実際に何を感じるかが大切なことです。

私は自分が存在だと知ったばかりの頃、

自分の中の悲しみを癒そうとしました。

それは間違っていることではありません。

そうすることから悲しみの傷が何かを教えてくれます。

そうしたことから自分が存在だということは

どういうことなのかという気づきが起こりました。

私はそうしながら時間をかけて、

自分が存在だということについての理解を

深めていったのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。